ワールドニュース|米国ファーストフードチェーン「バーガーキング」、ティム・ホートンを買収か?

2014年8月25日

米国、大手ハンバーガーチェーン「バーガーキング」がカナダの「ティム・ホートンズ」(ポール・D・ハウス社長)と買収協議に入っている。(ロイター通信)
バーガーキング・ジャパン(社長:村尾泰幸氏(元日本マクドナルド株式会社 取締役)・ロッテリアとフランチャイズ契約)は数年、
国内でも店舗を増加し、減収の続くマクドナルドとは対極的に売り上げを伸ばしている。

カナダのティム・ホートンズはカナダ国内ではマクドナルドを凌ぐコーヒー・ドーナッツチェーン店で、
2006年、ウェンディーズ・インターナショナルに買収されたが、再び独立して上場。
今回のバーガーキング・ジャパンは国内でも200店舗を目標に店舗を増やしている。
一方、「ウェンディーズ」は現在、新宿・曙橋店と六本木店の2店舗。
バーガーキングは東京でも前よりも見られるようになってきている。

8月25日、アメリカ「バーガー・キング」「ティム・ホートン」両社とも株価は上昇している。
日本マクドナルドにとっては苦しい状況が続きそう。