従業員・元従業員に裁判を起こされる…労使トラブル

コーポレート・ガバナンスの一角を担う労働基準法の遵守ですが、
解雇された元従業員などがユニオン(労働組合)加入して、訴訟を起こされる場合があります。
労使トラブルにおいては、訴訟の前に話し合いの解決が望まれます。

主な従業員の訴訟のきっかけとしては

・不当解雇
経営上の人員削減によるリストラ等

・パワハラ・セクハラなどのハラスメント
役員・上司などによる嫌がらせ

・残業代未払い請求
会社を退職後に請求

・転勤・異動に対する不服
転勤命令に反し、解雇など

・事故などの労災トラブル
業務上過失等

・有給休暇やボーナス・退職金などのトラブル
会社を退職後に請求

・職務上のミスの処分に対する不服
罰金や減給に対する不服申し立て

・年金や保険に関するトラブル
年金未加入や社会保険未加入

などがあげられます。